本文にスキップする

ykzts.com

山岸和利とは

山岸和利はJavaScriptRubyを用いたウェブアプリケーションの開発を得意とするソフトウェア開発者です。JavaScriptRubyのほかにもPHPPythonGoも扱います。Ruby on RailsReactに造詣が深く、多くのウェブアプリケーションの開発を行っています。バックエンドからフロントエンドまで幅広く担当します。またウェブアプリケーション以外にもReact Nativeを使ったスマートフォン向けアプリケーションの開発も行えます。ウェブ関連の技術を中心とした学習を意欲的にしています。

さらにAmazon Web Services (AWS)Google Cloud Platform (GCP) といったクラウドサービスを利用したインフラストラクチャーの構築も得意としています。ウェブサービスに関わる多くの領域の作業ができるという自負があります。

詳しくは山岸和利のGitHubアカウントも併せてご参照ください。

Mastodon

山岸和利は2017年7月からMastodonのコミッターを務めています。

Mastodonはオープンソースのソーシャルネットワークサーバーです。Mastodonの特徴としてActivityPubOStatusの二つのプロトコルをサポートしている点が挙げられるでしょう。これによりMastodonだけではなく同じくActivityPubOStatusをサポートしているアプリケーションと相互に接続することができ、脱中央集権を目論むウェブアプリケーションとなっています。

山岸和利は主にバグの修正やソースコードのリファクタリング、UIの日本語翻訳などの地域化といったことを行っています。またコミッターとしては世界中の開発者から送られてきたPull Requestのコードレビューを行い、その中でも簡単なバグの修正や翻訳の追加などの軽微な変更については自身でmergeしています。

Manael

山岸和利は2017年11月からオープンソースのリバースプロキシアプリケーションであるManaelの開発を行っています。

Manaelは画像の変換に主眼を置いたリバースプロキシです。PNGJPEG形式の画像をWebP形式へと動的に変換する機能を有しています。Manael自体の機能は最小限に留められていて、NginxやVarnishといったキャッシュ機能を有するリバースプロキシを利用して変換済みのファイルをキャッシュすることを前提としています。

またManaelはGoで書かれています。これにより平易な書き方でありながらも高速な処理が実現されています。